2008年03月09日

ニュース番組に主体性は必要か?

最近のニュース番組はあまり見ないようにしている。
なぜなら、最近のニュースはニュース自体に主体性を持って論じられてしまっているように感じるからだ。
報道の自由は守られるべきであるが、そのニュース自体が意図を持った時は激しく抵抗を感じる。

賛成意見と反対意見がなく一方的な発言を行うのであれば、当初から「この立場で」と論じられなければならないと思うし、混乱というよりも「操作」が行われているようにさえ感じるのだ。

ではテレビ番組中、国会議員達の一部が言っているCO2削減においてテレビ番組の深夜放送の自粛について報じた局がひとつでもあるだろうか?
「今、地球のために出来ること」とか各局で言っておきながら「都合の悪い報道はしていない」
深夜の電力消費はそれ程CO2削減に結びついているとも思えないし、むしろ日中の最大消費量を抑えなければ全く意味もない。

そういった事は論じない。
ラベル:ニュース
posted by oyaji at 10:46| Comment(38) | TrackBack(0) | マスコミに言う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道路をつくって国は栄えるか。

オヤジ的にはだな、グランドデザインが出来ていない事柄に対しては総論各論になって意味のない話のように感じるんだ。
例えば道路をたくさんつくっても、「少子高齢化」「若者の車離れ」と道路の使用比率が試算通り上がるとも思えない。
道だけつくってもそれこそ「道のように全ての事柄が繋がっている」から、「これだけ」の部分で論じてもあまり意味がないと思えるんだ。
それこそ少子高齢化も若者の車離れについての対策も立ててもいないし、試算は交通量とイコールだろ?
だとしたらCO2削減とかの問題と絡めてみて如何なもんだろう?辻褄合ってるかい?

各論を延々とやっても国の形をデザインしていなければ、「各論の正当性だけを問う」ものにしかならない。
これは悲劇だ。だから纏まるものも纏まらない。
ラベル:道路 国会
posted by oyaji at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

いい加減にしろよや、国会議員達

またもや国会が空転している。
道路特定財源の運用の問題や年金問題等もあるがな、
オヤジ的には、国会を空転させているうちに掛る「国会費用も無駄」だと思うぞ。
国会議員が日給制だったら、こんなに国会を空転させたら国会議員も生活できないはずだ。

こんなに仕事をしない状態にしておきながら、給料はちゃんともらっているんだから
基本的に「お気楽な連中」にしか見えない。
そんな連中達に「国民感情なんて分かるはずもないな」


環境云々の問題で「テレビの深夜放送の云々」を言っているらしいが
片方で道路を造っているだぜ
ラベル:国会
posted by oyaji at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。